非対面で資金調達ができるファクタリング業者

ファクタリングの取り引きには、利用する会社・売掛先のクライアント・ファクタリング会社による「3社間」と、利用する会社とファクタリング会社による「2社間」があります。使い方に合わせた形態を選びましょう。

ただし、2社間の場合は貸し倒れリスクが大きく、審査が厳しいため、個人事業主は基本的に利用することができません。また、大手のファクタリング会社は、2社間に対応していない場合もあるので、事前に確認しておくようにしてください。

ファクタリングとは、自社が保有する売掛債権を譲渡・売却することによって売掛債権を資金化する方法で、比較的新しい資金調達方法といわれています。手数料は高くなりますが、銀行融資と比較して審査が容易、短納期で資金化が可能、信用情報に悪影響がないなどのメリットがあります。しかし近年ではファクタリング業者を名乗る悪徳業者も増えているため、企業選びは慎重に行う必要があります。

ただし、2社間ファクタリングよりは手数料が安く済むというメリットがあるため、正当な理由や双方が納得できる材料があれば2社間ファクタリングよりも有効なのも確かです。

ファクタリングを利用する際は悪徳業者に充分に注意する必要があります。初めて利用する際はまずは下記URLの金融庁から提示されている「ファクタリングに関する注意喚起」について目を通しておきましょう。

少しでも負担を減らすため、売掛債権額501万~1000万円の手数料は2%~、100万円以下の少額取引の手数料も8%~とリーズナブルな設定になっています。

詳しくはこちら→ファクタリング 人気