コバンザメ

人のおこぼれをもらう様なことを「コバンザメのようだ」と例えられていることをご存知でしょうか?格好悪い姿として悪い意味で使われるコバンザメです。言われた方は「サメなら格好いいではないか」と思うかもしれません。しかし実はコバンザメは、サメでは無いのです。別の種類なので気をつけてください。
コバンザメの名前の由来について紹介していきますね。コバンザメは名前に「サメ」と付いているものの、分類はスズキ目コバンザメ科に属しています。そのため、サメでもなければ仲間ですらないのです。コバンザメは頭に付いている吸盤が小判の形に似ています。そのため、その吸盤でサメに吸い付いて生活することから名付けられたわけです。コバンザメは、サメについて生息しているのですね。これはなかなか知られていない事実なのではないでしょうか?これはつまり、サメのおこぼれをもらって生活をしているわけですね。ですのでコバンザメのようだと言うのはおこぼれをもらっているようだと言うので適切な例えだといえます。実際にはサメだけではなく、クジラ、カジキ、ウミガメなどにも吸い付きます。餌のおこぼれや排泄物を食べて生きているわけです。フンまで食べるなんて驚きですね。