メインイメージ

新車購入の流れ

新車購入の流れとして、まずはどうのような車を購入するのかを何台か決めておき、予算も決めておきます。

新車購入にかかる税金

新車購入にかかる税金は、自動車税、自動車取得税、自動車重量税、消費税の4種類あります。

知っておきたい中古車との違い

新車購入と中古車の一番の違いと言えば価格でしょう。中古車の場合は様々な価格帯の車が販売されていますので、予算に合わせて選び出し易いです。

新車購入にかかる税金

新車購入にかかる税金は、自動車税、自動車取得税、自動車重量税、消費税の4種類あります。

自動車税は、排気量によって課税される都道府県税で、登録の翌月から年度末までの金額を納税するのですが、3月に新車購入した場合は、納税の必要がなくなります。

自動車取得税は、取得価格に合わせた課税標準額に対し、普通車の場合は取得価格の5%、軽自動車は取得価格の3%の税率と定められていて、都道府県税となります。

自動車重量税は、車両重量に応じて課税される国税で、新車購入は初回車検までの3年分を納税します。

消費税は、車両本体価格やオプション品、諸費用などに含まれる手数料も対象となり、法定費用のみ非課税となります。

また、ハイブリッド自動車やガソリン自動車、次世代自動車などのエコカー減税対象車の場合、燃費基準によって異なりますが、自動車税で25~75%減税され、自動車取得税で20%減税~全額免除され、自動車重量税で25%減税~全額免除となります。