メインイメージ

新車購入の流れ

新車購入の流れとして、まずはどうのような車を購入するのかを何台か決めておき、予算も決めておきます。

新車購入にかかる税金

新車購入にかかる税金は、自動車税、自動車取得税、自動車重量税、消費税の4種類あります。

知っておきたい中古車との違い

新車購入と中古車の一番の違いと言えば価格でしょう。中古車の場合は様々な価格帯の車が販売されていますので、予算に合わせて選び出し易いです。

税金による新車購入の制度

新車購入の際、それにかかる税金は様々です。自動車税、自動車重量税や自動車取得税、そして消費税です。新車購入を行う際には必ずこれらの税金を支払う必要があります。この中で自動車税と自動車重量税に関しては毎年払うもの、車検のときに払うものなど色々分かれますが、新車購入だけにかかる税金は自動車取得税が主です。

自動車取得税は取得価格が50万円以上の自動車を購入する際に発生する税金です。取得価格の5%が自動車取得税の税額となっており、高い車を買えば買うほどその税負担は重くなります。そのため、条件によっては自動車取得税が減免となる制度があります。

例えば、都道府県、市町村などが車を購入する場合には公益的な観点から自動車取得税は発生しません。

また、身体障害者が新車購入する際には条例で自動車取得税の減免の制度を設けている都道府県が多く存在します。

また、身体障害者の通院で使用する車に関しても同様です。最近では自動車に関する税金が多いことから、自動車取得税の廃止が叫ばれています。

他にも新車購入を行うと多くの諸費用が発生し、そこには消費税が含まれています。購入の際に税金でサポートしてくれるということはありませんが、エコカー減税のように自動車税の減免が行われることがあるため、長期的に考えるなら税金のサポートを受けることが出来ます。自動車に関する税金だけで車体本体価格の2割以上かかることもあり、そのあたりのサポートが求められています。

新車購入にかかる税金

新車購入にかかる税金は、自動車税、自動車取得税、自動車重量税、消費税の4種類あります。自動車税は、排気量によって課税される都道府県税で、登録の翌月から年度末までの金額を納税するのですが、3月に新車購入した場合は、納税の必要がなくなります。自動車取得税は、取...  気になる詳細はココから ⇒