メインイメージ

新車購入の流れ

新車購入の流れとして、まずはどうのような車を購入するのかを何台か決めておき、予算も決めておきます。

新車購入にかかる税金

新車購入にかかる税金は、自動車税、自動車取得税、自動車重量税、消費税の4種類あります。

知っておきたい中古車との違い

新車購入と中古車の一番の違いと言えば価格でしょう。中古車の場合は様々な価格帯の車が販売されていますので、予算に合わせて選び出し易いです。

新車購入の基本

新車購入を決めたら基本的に行うことがいくつかあります。まずは購入する車種の決定です。どんな車が欲しいのか決まっているのであればその販売店に行って新車購入の手続きとなりますが、決まっていない場合はまずは車種決めが必要です。カタログ集めから予算ももちろん念頭に置いて探していきます。試乗するとよりよい車種が絞り込めるので見た目だけにこだわらずに多くの車に試乗することで失敗しない新車購入ができるようになります。

基本的に行う始めの行動としてはこれくらいで、ある程度絞り込めたら、見積もりをしてもらうようにします。ここでも1つの車種に絞らずに似たようなタイプの車のディーラーで見積もりをしてもらうようにします。もちろん、競合になるためディーラーとしては自社で買って欲しいと思うのは当然です。

見積もりしてもらったら、次に予算から購入方法を選択します。ローン払いにするのか一括で購入するのか決めていきます。ディーラーローンや銀行ローンなど方法はいくつかあり、急いで決めずにしっかりと予算とローンの支払いのシミュレーションをして決めていきます。

新車購入に限らず、自動車購入時に勧められるのが自動車保険です。自賠責保険は強制保険ともいわれ、加入しなくてはいけませんが、任意保険に入ることも基本です。

最後に納車までの期間です。新車購入は受注してから製造することもあり、メーカーやディーラーによく聞いて納車までのスケジュールを確認しておくことも大切です。

新車購入の流れ

新車購入の流れとして、まずはどうのような車を購入するのかを何台か決めておき、予算も決めておきます。次に、ディーラーに行き実車確認や試乗などをして、質感や乗り心地、後席や荷室の広さなどを確認して、カタログや価格表を貰い、一旦帰って比較や検討を行いグレードの...  気になる詳細はココから ⇒