メインイメージ

新車購入の流れ

新車購入の流れとして、まずはどうのような車を購入するのかを何台か決めておき、予算も決めておきます。

新車購入にかかる税金

新車購入にかかる税金は、自動車税、自動車取得税、自動車重量税、消費税の4種類あります。

知っておきたい中古車との違い

新車購入と中古車の一番の違いと言えば価格でしょう。中古車の場合は様々な価格帯の車が販売されていますので、予算に合わせて選び出し易いです。

古い車の需要と新しい車の供給

日本という国は世界でも有数の自動車大国にもかかわらず、自動車を所有するハードルが非常に高いものとなっています。

アメリカのように国土が広い国では有りませんから、車がなくても生活をすることができそうですが、現実的には一部の都市以外は車がなくては生活が成り立たないという場所は少なく有りません。

そのため、多くの人が生活が苦しい中お金のかかる車をなんとか維持していこうとしている人ばかりです。

不景気で誰もが余裕のない中、何重にも税金がかかっている車というのは金食い虫以外の何物でもなく、車が必要な人にとっては頭の痛い悩みとなっています。

そこで、多くの人が新車購入をするのではなく少しでも安く車を入手しようと中古車を選択するケースが多くなっています。

条件が同じであれば、中古車よりも新車購入をした方が何かと利点が多いのは当然のことですから、誰もが本当であれば新車購入をしたいものです。

しかし、新車の場合には中古車の何倍ものお金がかかることが多いので、ほとんどの人が我慢をして中古車を購入しています。

このような理由があることから現在中古車の需要というのは非常に高まってきていますが、問題となるのは中古車というのは新車があってこそ供給されるものであるため、新車が無くなってしまえば良質な中古車も手に入らなくなってしまうのです。

日本では世界的に見ればまだまだ乗ることができる車を、消耗品の交換などでお金がかかる時期が来ればすぐに手放してしまいますから、中古車の供給が少なくなってしまえばどんどん良質の中古車というのは減っていってしまいます。

そうなれば、それまでは価値が無いとされていた程度が悪い中古車であっても、数がないので値段が上がることになります。

このように全員が中古車を選ぶようになると、新しい中古車が供給されなくなってしまって安く買うことができるはずの中古車が安く購入することができなくなってしまうこともあるのです。

新車と中古車というのは、非常に密接な関係にあるものとなっています。